家族本40: 歴史をたどることで危機の本質が見えてくる

Front Cover
山田昌弘
平凡社, 2001 - Families - 350 pages
本書は、現代家族を社会科学的に理解するための必読文献40冊の解説をおこなったものである。前半部では、家族研究にコペルニクス的転回をもたらしたフィリップ・アリエスの業績からはじめ、近年の欧米と日本における家族研究の現状を示すことを心がけた。後半部では、アリエス以前の家族研究の主要業績を歴史的にたどることを主眼とした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information