蒲団・一兵卒

Front Cover
岩波書店, 2002 - 156 pages
家庭があり知識も分別もある、世間に名を知られた中年の作家の女弟子への恋情―花袋は、主人公の内面を赤裸々に暴き立て、作者自身の懺悔録として文壇に大きな衝撃を与えた、日本自然主義文学の代表作。日露戦争の最中ひっそりと死んでゆく哀れな一兵卒を描いて読む者の胸をうつ小品「一兵卒」を併収。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information