刺のある樹: 仁木兄妹の事件簿

Front Cover
ポプラ社, 2012 - 284 pages
ミステリマニアの仁木雄太郎、悦子兄妹の下宿に、ひとりの紳士が相談に訪れた。このところ不可解な出来事に次々と見舞われ、命を狙われているのではないかと脅えているらしい。ふたりが調査に乗り出した矢先、紳士の妻が何者かに絞殺されるという事件が起き...。息もつかせぬ展開、二転三転する推理合戦の行方は?「日本のクリスティ」と呼ばれた著者による好評シリーズ第四弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information