小説

Front Cover
田畑書店, 2020 - 283 pages
真っ直ぐな言葉の連なりが織り成す微妙な色合い。読むほどに人と人との間の心の綾が身に沁みて、少しだけ人生が愛おしくなる―そう、小説ってこういうものだった。長い沈黙のトンネルの果てに、作家がたどりついた新境地!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information