英文学者夏目漱石

Front Cover
松柏社, 2011 - 245 pages
日本近代文学を代表する作家・夏目漱石は帝国大学で英文学を教えた最初の日本人でもあった―学者として、文学の「根本」を探究した漱石。その学問世界を解き明かすと同時に、多彩な彼の文学世界が学問研究の成果の上に花開いたことを、精緻に生き生きと語りつくす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information