国語科で育てる相互交流能力小学校編

Front Cover
村松賢一, 花田修一, 若林富男
明治図書出版, 2000 - 154 pages
お茶の水女子大学では、一九九五年、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学の国語・日本語教師が集まってお茶の水女子大学音声言語学習会を立ち上げ、音声言語教育の目標を「ことば(非言語を含む)による相互交流能力の育成」という一点に定め、多忙を極める校務の傍ら、相集っては、それぞれの実践活動を交流し、授業を参観し合い、議論を続けてきた。また、二年前からは、大学の教育改善推進費の援助を受け、幼稚園児から大学生(留学生を含む)までが同じテーマ(「わたしが大切にしているものやこと」)でスピーチを行い、感想を交流する研究的実践に取り組み、相互交流能力の発達を調査、研究している。本書はそうした歩みの中から生み出された幼稚園、小学校における実践事例と、それぞれの教師が授業を通してつかんだ相互交流活動へのアイデアやヒントを収めた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information