日本の英語教育における文学教材の可能性

Front Cover
ひつじ書房, Feb 16, 2015 - English language - 336 pages
本書では、文学には、皮肉やユーモアなどといった文学を理解し楽しむために必要なcreativity、書き手や話し手の語り口という文章を理解するために必要なnarrativityがふんだんに含まれているという点から、文学教材が単なる事実文、報告文、作られた会話文よりもコミュニケーション能力育成のための活動に有益であることを論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information