コモンズの思想を求めて: カリマンタンの森で考える

Front Cover
岩波書店, 2004 - Borneo - 162 pages
インドネシアの熱帯林で起こっている森林消失の原因は何か。現地の住民による焼畑農業が原因か、あるいは商業伐採によるものなのか。ボルネオ島の東カリマンタンにある地域コミュニティを訪れて、フィールド研究を重ねた著者が、森に暮らす人々と企業など「よそ者」たちとのあいだで起こっている共生・対立関係を探る。そのなかから見出した、森を「協治」していく新しい発想である「コモンズの思想」とは。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information