アメリカ・インディアンの口承詩: 魔法としての言葉

Front Cover
平凡社, 2000 - 306 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
彼らは、ヴィジョンを求め、孤独な旅に出る。苦行の果て、魔法の歌や祈りを持ち帰る。動植物や人間の尊厳を知るものだけがもつ深いやさしさにみちた歌―。これが彼らの歌=詩である。アメリカ現代詩が見出した“古典”、先住民族が伝えた口承文学の世界。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information