これからの「正義」の話をしよう

Front Cover
早川書房, 2011 - Philosophy - 475 pages
1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。ハーバード大学史上最多の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにしたベストセラー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

About the author (2011)

マイケル・サンデル

鬼澤 忍

Bibliographic information