アビリティ物理: 量子論と相対論

Front Cover
共立出版, 2002 - 120 pages
本書は、理工系大学・短大の初学年生向けの量子論・相対論の教科書ないしは参考書として書かれたものである。本書は、前半と後半に分けて、前半は量子力学への橋渡しとして量子とは何かということから原子構造と光のスペクトル、シュレーディンガーの1次元波動方程式までを解説し、後半は相対性理論への橋渡しとして相対論の考え方から特殊相対性理論までを解説した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information