丸山圭三郎著作集, Volume 2

Front Cover
岩波書店, Dec 20, 2013 - Language and languages - 454 pages
ソシュール研究で名を轟かせた丸山圭三郎氏(1933‐93年)は、独自の言語論・人間論・文化論を作り上げ、華々しい足跡を残した。その著作で展開された「丸山言語哲学」は、今も多くの人を惹きつけてやまない。二人の高弟による編集の下、主著をなすモノグラフを網羅し、単行本未収録作品をも収めた決定版著作集、待望の刊行。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information