離散数学「数え上げ理論」: 「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで

Front Cover
講談社, 2008 - 284 pages
すべての情報を「0と1」の組合せで表すコンピュータの普及で、重要性が見直されている離散数学。離散数学の中核にあるのが「数え上げ理論」である。予備知識のいらないやさしい問題で分割数、フィボナッチ数、カタラン数に触れたあとには、数え上げ理論の三種の神器である包除原理、差分方程式、母関数の理論を紹介。その奥深い魅力が、充分に味わえる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information