市場の役割,国家の役割

Front Cover
青木昌彦, 奥野正寛, 岡崎哲二
東洋経済新報社, 1999 - Economic policy - 404 pages
本書は、市場と政府(あるいは国家)を対立的にとらえるだけではなく、また政府を広い意味での経済システムの内生的要素として分析しようとする見方をとる。制度改革や規制緩和のあり方を論ずるうえで、1つの新しい視点を提供するに違いない。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information