現代イタリアの思想をよむ: クリオの手鏡

Front Cover
平凡社, 2009 - Philosophy, Italian - 482 pages
クリオ(クレイオー)とは、ギリシア神話のムーサ(ミューズ)のひとり。クローチェから今日のギンズブルグ、アガンベン、ネグリまで―近現代イタリアの思想家・歴史家たちはいずれもが、この歴史の女神の忠実な奴僕であった。かれらの著作を丹念に読み込み、その学問論的意義、知識人としての反省のあり方を今日的視点で考察する。旧版(一九八九年)に、近年の論稿を大幅増補。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information