東アジアの開発と環境問題: 日本の地方都市の経験と新たな挑戦

Front Cover
勁草書房, 2001 - East Asia - 242 pages
東アジアの次のリスク要因は環境問題。開発と環境をいかに両立させるか、日本の北九州市をモデルにこの課題に答える。また、OECD諸国や韓国、中国等の環境対策にも目配りしながら、環境問題への適切な対策と国際協力のあり方を示唆する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information