現代詩への旅立ち

Front Cover
詩画工房, Sep 4, 2001 - 246 pages
詩は愛され、読まれるべきであるとの視点から、立原道造・津村信夫・丸山薫等「四季派」詩人たちに光を当てながら、戦後現代詩へと到る軌跡を追って今日の詩が直面する課題に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information