材料力学

Front Cover
朝倉書店, 2000 - 199 pages
機械系基礎工学は現代の科学・技術を支える力学を中心とした工学分野の中核である。近年、物理学、材料科学、エレクトロニクスなどの成果をもふまえて面目を一新しつつある。本シリーズはこの新しい姿を簡潔にまとめた。基本を十分説明しつつ最新の成果におよぶとの方針で編集されており、機械系を中心とした大学・高専の工学系学生のテキスト、さらには自然科学系一般、関心のある文科系の学生・社会人の平易かつ最適なソースブックとして奨めたい。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information