中世社会のはじまり: シリーズ日本中世史

Front Cover
岩波書店, Jan 20, 2016 - Japan - 242 pages
中央集権的な古代国家から、様々な力のせめぎ合う中世社会へ。院政の開始、「家」の確立、武士の台頭、そして活力を増す地方の諸国など、噴出する変革の動きの中から、現代にも通じる日本文化の基本的枠組みが形づくられてゆく。家・身体・職能といった文化面にも注目しつつ、中世はじまりの時代のダイナミズムを描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information