クスリ社会を生きる: エッセンシャル・ドラッグの時代

Front Cover
中央公論新社, Nov 25, 2000 - 207 pages
クスリとヒトとの歴史は長いが、劇的に効果の上がる薬剤は、実質的には抗生物質の登場まで待たなければならなかった。そして、抗生物質以降、「魔法の弾丸」を手に入れた人間は次々と病気を克服する。しかし、それにともなって薬剤の種類は増加の一途をたどり、薬剤費は膨張し、薬害事件も後を絶たない。本書では、薬が脚光を浴びてきた二十世紀を振りかえり、これからのクスリとのつきあいかたを探る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information