阿蘭陀通詞の研究

Front Cover
吉川弘文館, 1985 - Dutch language - 661 pages
江戸時代、対外交渉・文化交流の第一線で活躍した阿蘭陀通詞に関する初の総合的研究書。通詞の組織、蘭学発達に果した役割等、日蘭双方の新史料を博捜して解明した。また収載関係史料は、研究者を裨益する所が大きい。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information