生活と法律: 生命の誕生から終焉まで

Front Cover
泉文堂, Aug 1, 2006 - 252 pages
これから論じるのは、山田一郎、妻綾子、長男大輔、長女真美、綾子の姪こずえ、一郎の勤める高輪商社と川上部長、小阪課長を中心に、命が芽生えてから生命の終焉までに起こりうることを法の視点から述べたものである。生きている法と生きている人のあいだにどのようなことが起こっているのか「知り」、どのようにして「幸福」を追求しているか考えて欲しい。本著では、法学や民法の「情報」の取得を目指す人のためのひとつの「情報」として執筆したものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information