歴史のなかの国際秩序観: 「アメリカの社会科学」を超えて

Front Cover
晃洋書房, 2017 - World politics - 249 pages
アメリカの社会科学としての国際政治学が軽視してきた国際秩序観を理解するため20世紀の覇権国アメリカと対峙してきた国や地域の国際秩序観を歴史的に検証。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information