古代日本語動詞のテンス・アスペクト: 源氏物語の分析

Front Cover
ひつじ書房, 1999 - Japanese language - 416 pages
本書ではまず基本形と~ツ形、~ヌ形、~タリ・リ形をまとめて扱い、その意味を比べ、しかる後に、~キ形、~ケリ形の違いを扱っている。テキストは『源氏物語』(玉上琢弥訳注・角川文庫)全巻とし、用例には、角川文庫の巻数、及び角川文庫のページ数を添えた。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information