通貨同盟の経済学: ユーロの理論と現状分析

Front Cover
勁草書房, 2011 - 386 pages
通貨統合とユーロに関するヨーロッパの標準的テキスト。「最適通貨圏の理論」を独自に展開し、それをベースに、ユーロの意義と問題点を簡潔なモデルで説明。EU通貨統合とユーロについて包括的な分析を展開する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information