スコットランド啓蒙とは何か: 近代社会の原理

Front Cover
ミネルヴァ書房, Jun 10, 2014 - 325 pages
経済学と社会科学の基盤となった18世紀スコットランド啓蒙。その中心となった思想は何かを根源的に問う。スコットランドの啓蒙知識人は、近代の市民社会、文明社会の屋台骨としての自由、利己心、個人主義、正義、勤労、人間愛、共感、社交性などの概念を彫琢した。本書は、現在混迷の時代を生きる我々に有益な示唆を与え、近代社会のあるべき姿を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information