毛沢東: 日本軍と共謀した男

Front Cover
新潮社, 2015 - Sino-Japanese War, 1937-1945 - 285 pages
「私は皇軍に感謝している」―。日中戦争の時期、実は毛沢東は蒋介石や国民党軍の情報を日本に売り、巨額の情報提供料をせしめていた。それどころか、中共と日本軍の停戦すら申し入れている。毛沢東の基本戦略は、日本との戦いは蒋介石国民党に任せ、温存した力をその後の「国民党潰し」に使い、自分が皇帝になることだったのだ。中国研究の第一人者が、徹底調査した資料で物語る「中国共産党の不都合な真実」。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information