石油の歴史: ロックフェラーから湾岸戦争後の世界まで

Front Cover
白水社, 2006 - Petroleum industry and trade - 166 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
一八五九年、石油の本格的採掘が米国で始まった。それにつづく企業の創設、巨大多国籍化、国有・民営化、合併・買収などの国際石油資本の変遷をたどる。二〇〇六年四月までの動向を押さえた補遺と専門家による解説も収録。エネルギー安全保障で日本と類似するフランスの立場から論じた概説書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information