震災後の地域文化と被災者の民俗誌: フィールド災害人文学の構築

Front Cover
高倉浩樹, 山口睦
新泉社, 2018 - Cultural property - 283 pages
被災後の人びとと地域社会はどのような変化を遂げてきたのか。無形民俗文化財の復興・継承、慰霊のありよう、被災者支援など、民俗学・人類学・宗教学の立場で地域社会と人びとの姿を見つめ、災害からの再生と減災に果たす生活文化の役割を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information