ギリシア文学概説

Front Cover
法政大学出版局, 1998 - 486 pages
ホメーロスからキリスト教文学まで、時代の大きな潮流の中に作家と作品を位置づけながら、それぞれの作品が時代をこえて読む者を感動させるその美しさの普遍性を説き明かす。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information