イギリス近代出版の諸相: コーヒー・ハウスから書評まで

Front Cover
世界思想社, 1999 - 288 pages
若い詩人が文壇への足掛かりをつかんだコーヒー・ハウス、作家が執筆する作品の内容にまで影響を与えた貸本屋、多くのすぐれた詩人や作家を育て世に送りだしたリトル・マガジン、作品のあるべき姿を提示し作家を一喜一憂させた書評等々、18世紀から現代にいたるイギリス出版界の数々の話題を興味深く活写する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information