演劇と音楽

Front Cover
森佳子, 奥香織, 新沼智之, 萩原健
森話社, 2020 - 295 pages
演劇の上演空間とは常に、観客の視覚のみならず、聴覚にも訴える、情報に満ちた空間である。視覚的なものよりも、「音」や「音楽」こそが劇場の観客に直接作用を及ぼし、強い印象を与えるという見解もあるだろう。演劇における「音」や「音楽」、あるいは「音楽劇」そのものを対象にした、最新の研究成果をここに集める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information