Cの科学と技術: 炭素材料の不思議

Front Cover
コロナ社, 2002 - 134 pages
固体としての炭素は元素としてはたった1種類から構成されているにもかかわらず、ほかの元素と違ってさまざまな顔、形に変身することができるきわめて不思議な物質である。また、現象としては知られているがなぜそうなのか、その本質は、と聞かれるとわからないことが多い。例えば、炭素繊維に魚が群がってくる現象は今のところまったく説明ができない。本書は、こうした炭素の不思議について、これまでにわかっていることを中学生や高校生程度の科学的な知識しか持ち合わせていない読者にも理解してもらうようにわかりやすく記述しようとした。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information