荒涼館, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2017 - 516 pages
「おまえはおかあさんの恥でした」―親の名も顔も知らずに育ったエスターと、あまたの人を破滅させる「ジャーンダイス訴訟」。二つをつなぐ輪とは何か?ミステリと社会小説を融合し、貴族から孤児まで、一九世紀英国の全体を描きだすディケンズの代表作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information