恐怖の法則: 予防原則を超えて

Front Cover
勁草書房, 2015 - 388 pages
病原菌、有毒化学物質、テロリズム...政府はいかにして民衆の恐怖や不安に応じるべきか。予防原則を批判・再構築し、行動経済学・熟議民主主義と結合する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information