臨床認知科学: 個人的知識を超えて

Front Cover
関西大学出版部, 1999 - 330 pages
本書は、まず、固有の場での個人的体験を取り上げ、その内実を自証し、自らの言葉で記述する。さらに、その記述の核なる部分を、著者自身の専門領域である認知心理学、認知科学の最先端の知見を援用しながら論理的に裏づけ、あるいはその普遍化をはかったものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information