夜の讃歌・サイスの弟子たち他一篇

Front Cover
岩波書店, 2015 - 249 pages
夜と闇を讃える長編詩『夜の讃歌』。自然とは何かを問う哲学的小説『サイスの弟子たち』(挿話「ヒヤシンスと花薔薇のメルヒェン」を含む)。そして哲学的断章集『花粉』。『青い花』で知られる詩人ノヴァーリス(一七七二‐一八〇一)の哲学と詩が融合したアンソロジー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information