ノーベル経済学賞の40年: 20世紀経済思想史入門, Volume 1

Front Cover
筑摩書房, 2012 - 299 pages
一九六九年の創設以来、四〇年間で六四名の受賞者を選出したノーベル経済学賞。いったい彼らは何を発見し、それはどのように役に立っているのか。ミクロ経済学からマクロ経済学、一般均衡に国際貿易、ゲーム理論に行動経済学。一見わかりにくい受賞者たちの理論を、彼らの半生、人柄とともにたどると、今日まで苦闘を重ねてきた経済思想の流れが見えてくる。20世紀の経済思想を一望できる格好の入門書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information