色のない島へ: 脳神経科医のミクロネシア探訪記

Front Cover
早川書房, Mar 25, 2015 - 364 pages
先天的に色彩感覚をもたずモノトーンの視覚世界で暮らす人々がいるピンゲラップ島とポーンペイ島。原因不明の神経病が多発するグアム島とロタ島―脳神経科医のサックス博士はミクロネシアの閉ざされた島々に残る風土病の調査に訪れる。島の歴史や生活習慣を探るうちに難病の原因に関わる思いがけない仮説が浮かび上がるのだが...。美しく豊かな自然とそこで暮らす人々の生命力を力強く描く感動の探訪記。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information