現代歴史学への展望: 言語論的転回を超えて

Front Cover
岩波書店, 2016 - Historiography - 237 pages
現代歴史学の系譜や変遷をわかりやすく解説した、歴史理論や史学史を一望できる格好の論文集。戦後歴史学からのパラダイム・シフト、言語論的転回が社会史研究に与えたインパクト、文化史研究やトランスナショナルな歴史、そしてポスト「転回」といわれる現状について、英米圏と日本の歴史学を中心に振り返り、今後の展望を示す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information