新基本民法: 女性と子どもの法

Front Cover
有斐閣, Dec 20, 2014 - Civil law - 207 pages
「人」を権利義務の主体として抽象的に見るのではなく、人格の主体、家族を有するものとして捉える。そのような厚みのある「人」「個人」を出発点として、家族法を考える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information