忘れられた人びと: 日本軍に抑留された女たち・子どもたち

Front Cover
梨の木舎, 1998 - Children of women prisoners - 328 pages
1942年、侵攻してきた日本軍によって収容された10万人におよぶオランダ人の女性や子どもたちは、飢えと病気、暴力におびえて生きた。3年半にわたる収容所生活で1万人が死亡。男たちの物語の陰で忘れられてきた女と子どもたちのドラマが戦後50余年を経てはじめて明らかにされる。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information