実務者のための新・都市計画マニュアル, Volume 1

Front Cover
日本都市計画学会
丸善, Sep 25, 2002 - 5 pages
本書においては、都市計画を策定する上で統一的に行うべきことは、必要最小限のものにとどめており、各地域において実情に応じた自主的な運用が行われるよう、制度が求めている趣旨や基本的な考え方の提示のほか、具体的な運用については地域の実情に応じタイプ分けした手法や、様々な事例を明示している。本書を読まれるに当たっては、本書の都市計画の技術的な策定手法にとらわれるのではなく、都市計画制度の本来目指している趣旨を理解して、地域の課題に応じた都市計画の策定に活用していただくことを期待している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information