偶像再興・面とペルソナ: 和辻哲郎感想集

Front Cover
講談社, Apr 10, 2007 - Arts - 312 pages
荒漠たる秋の野に立つ。星は月の御座を囲み月は清らかに地の花を輝らす。―と書き出される「霊的本能主義」。十八歳、一高校友会雑誌に発表されたこの論考に始まり、『古寺巡礼』と同時期に刊行されながら著者自らによって封印された『偶像再興』、芸術への深い造詣を示す名随筆『面とペルソナ』に至る知の巨人の感性溢れる文章世界を厳選して再読する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information