量子力学: ランダウ=リフシッツ物理学小教程

Front Cover
筑摩書房, 2008 - 517 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
専門に進むまでの基礎課程で使える、簡潔で美しく、現代物理学をも射程に入れた教科書ができないか。それがランダウとリフシッツの新たな「小教程」構想だった。第1巻『力学・場の理論』は最小作用の原理にもとづく古典「力学」で始まり、電気「力学」へと進んだ。本書第2巻はいよいよ量子「力学」へと進む。ここでは非相対論的量子力学から相対論的理論までをいっきに登りつめる。“大教程”の大部の2巻をもとにしながら新構想で成ったほぼ別版。ことに相対論的理論は新稿に近い。よみがえった幻の名著。“大教程”への入門篇。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information