都市銀行のガバナンス: ソニー流経営モデルへの取り組み

Front Cover
中央経済社, 2001 - 247 pages
本書は、日本流ガバナンスを組織帰属化ガバナンスと特徴づけ、市場原理を活用することが多い米国流ガバナンスと対比しながら整理し、そのうえで、都市銀行が直面しているリストラクチャリングの遅れや外資による買収の脅威などの問題を指摘する。さらに、「破壊と創造」に取り組むソニーのガバナンスを基準として都市銀行のガバナンスを評価し、デジタル・ネットワーク時代に相応しいスピードを生み出すガバナンスが都市銀行で模索されているかどうかを検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information