ベクトル・行列がビジュアルにかわる線形代数と幾何: 多次元量の図形的解釈

Front Cover
共立出版, 2004 - 249 pages
本書は以前、高等学校の学習指導要領で取り上げられていた学習項目を中心に制作した本である。1982年度の学習指導要領の改訂実施で登場した「代数・幾何」という科目を母体に、94年度の改訂実施での「数学C」を加えて構成している。そのため、2次元の行列とベクトル、3次元のベクトルを主体に、3次元の行列を追加的に記述している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information