心理療法序説: 〈心理療法〉コレクション IV

Front Cover
岩波書店, 2009 - Clinical psychology - 303 pages
ユング心理学を日本に導入した著者が、京都大学を退官するにあたって、長年の心理療法体験を振り返りまとめあげた本。心理療法は人間にとってどんな意味があるのか、という本質的な問いに挑む。心理療法の科学性、技法や諸問題、心理療法家の訓練、さらに教育や宗教、文化との関連など多岐にわたる問題について考察する。河合隼雄の心理学、約三十年の成果がここに結晶。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information