欧州経済史

Front Cover
岩波書店, Jan 16, 2001 - Europe - 266 pages
本書は欧州経済史を問題史的観点から構成したユニークな概説書として定評があり、読者は本書によって、大塚史学の方法論の核心にふれることができる。資本主義の発達から、産業資本の形成、封建制から資本主義への移行の問題にいたるまで、凝縮された史的叙述が試みられている。論文「資本主義社会の形成」も収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information