道路交通需要予測の理論と適用

Front Cover
土木学会土木計画学研究委員会交通需要予測技術検討小委員会
土木学会, Aug 31, 2003 - 194 pages
本書では、これまでの道路交通需要予測手法に対し、次のような視点から実務に適用できるようにとりまとめを行った。客観性・透明性を持ったグローバルスタンダードな手法、現状の課題を改善し、可能な限り最新の理論を適用した予測手法、予測精度をより向上させるための予測手法、実務的に適用可能な操作性に優れた予測手法、多様な政策の評価への応用が可能な予測手法。今回とりまとめた第1編は、実務上の標準的な予測手法を改良すべく、理論的な背景に優れた利用者均衡配分の適用を中心に構成した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information